HOME >> エクステリア

エクステリア

「エクステリア」とは、家の回りの玄関や塀などの外構全体の総称です。いわば、皆様の身近な住宅生活環境の一部です。

弊社は、本格的な和風の数寄屋門から開放的な洋風アプローチまで、幅広く施工しております。お客様の様々なニーズに対応できるよう、洗練されたデザイン創造力と卓越した技術力による施工体制を確立しております。
美観を意識したきれいな仕上がりを心掛けるのはもちろん、安全性・耐久性・利便性・快適性等を専門的立場で総合的に計画し、ご提案させていただきます。

また、弊社のアフターメンテナンスサービスは「お客様と生涯のおつきあいを」と言うことを基本理念としていますので、施工後の心配も無用です。

リフォーム等もお気軽にご相談ください。

お見積無料

エクステリア
施工までの現地の測量・調査・計画・図面提出は基本的に無料です。

多様化するお客様のニーズに対応できるよう最新のCAD(コンピューターによる設計)も導入し、完成時のイメージパースを取入れた分かりやすい図面で提示させていただきます。
ご依頼からお見積もりまでの流れ
エクステリア
また、エクステリア工事は、周辺環境との調和や構造物の安全性確保はもちろんのことですが、隣地との境界問題も重要です。
前者は施工業者の問題ですが、後者はお客様自身と隣家との問題となります。
エクステリア
このような問題にも対応できるように、弊社では、多くの経験に基づいてアドバイスさせていただいたり、立会人としての現地同席もさせていただいております。

トラブルを未然に防いだり、早期問題解決のための安心したサポート体制も充実させています。

ブロック診断

1995年の兵庫県南部地震では、建築構造物や土木構造物が大きな被害を受け、その倒壊による二次災害(倒壊塀による被害者保証など)を引き起こしました。また、コンクリートブロック塀等の倒壊も災害被害地の広範囲で見られました。

その一方で、大きな被害を受けた地域において健全な状態で残っているブロック塀も少なくありませんでした。
被害が無かったこれらのブロック塀は、関係法令や建築学基準をクリアした上で設置された安全なブロック塀だと考えられます。

ブロック塀 現地調査・点検5項目

ブロック塀の点検
1. ブロックの土台(基礎)の根入れはあるか?
2. 塀は高過ぎないか?
3. ブロックの補強壁(控壁)はあるか?
4. 壁の傾き、ひび割れはないか?
5. 塀に鉄筋は入っているか?(鉄筋探査機使用)

以上の調査項目5項のうち一つでも不適合があればそのブロック塀は危険です。
弊社では、地震や台風でのブロック塀の倒壊による二次災害を未然に防止するため、ブロック診断による新規工事の安全基準の指導や、すでに設置されているブロック塀の調査・点検などの活動を行っています。 

エクステリアの施工実績

ブログ 緑の中のポッポハウス を更新しました。
お問い合わせはこちら
施工実績
官公庁様向け
企業様向け
個人様向け
CONTENTS
施工実績
樹木管理および診断
日本庭園の設計
国外での実績と評価
エクステリア
受賞歴
仕事の流れ
よくある質問
お客様の声
いい庭の日
太宰府天満宮での実績
グレース王妃が見た日本庭園
庭つくってなんぼ
ブログはコチラ
INFORMATION
会社概要
お問い合わせ
スタッフ紹介
アクセス
プライバシーポリシー
サイトマップ
花と緑の博覧会 受賞作品
千年翠
環境活動レポート
「志 情熱企業 別府梢風園」 RKB毎日放送 2013年1月19日放送
映像掲載一覧はこちら
ページの先頭へ